2012年3月25日日曜日

Linux入門 / Emacs,コンパイラ

作業効率をあげたい!
Windows上でGUIベースで作業してると待ち時間が生じてあんまり快適じゃない!

そんな気持ちが芽生えたのでエディタを探してみることにした。
既にあの有名なeclipseと呼ばれるIDE(統合開発環境)を使ったことがある俺は、CDTのプラグインをインストールする気満々だった。

学生時代に周囲にいた情強たちはeclipseを経由してから結局Emacsやvimを使っている様子。
調べてみたらエディタ界には 「Emacs VS vim」 みたいな構図があるらしいことがわかった。
拡張性という面でemacsに可能性を感じた俺はEmacs軍につくことにした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%BF%E6%88%A6%E4%BA%89



ここからはCentOS上でEmacsのインストール手順の覚書。
スーパーユーザーになって yum を唱えるだけ。
yumって何の略なのか気になったんだけど、

Yellowdog Updater Modified

なんだってさ。
語源から抑えたかったけど意味フですわ。
以下コマンド。

# yum install emacs // emacsのインストール
# yum install anthy-el // 日本語入力を可能にする

ついでにCコンパイラもインストールしたった!
# yum install gcc*

0 件のコメント:

コメントを投稿