投稿

1月, 2017の投稿を表示しています

最高の入門教材、「沈黙のWebライティング〈SEOのためのライティング教本〉」の感想まとめ

ブログで収益化するぞー!!と気合を入れてブログをはじめたものの、 文章を書くのが苦手な私は、時間をかける割に成果が出ずに頭を悩ませ続けてきました。 なにか良いノウハウが欲しい。 そんなときに運良く出会ったのが、「沈黙のWebライティング」の一冊です !! ブログの収益化に不可欠な「SEOに強いライティングスキル」をマンガを通してやさしく学ぶことができます。 この本、実務的かつ非常にユニークで読みやすいライティング教本でして、内容の充実度がヤバい!! 今回は「沈黙のWebライティング」で得たノウハウについてまとめてご紹介したいと思います。


検索意図を考え抜こう

今の Google は検索エンジンを使うユーザーの意図を満足させるコンテンツを上位表示させる傾向にあります。

Google が掲げる 10 の事実 によると、「ユーザーの利便性を第一に考えている」とのこと。

したがって、本質的にユーザーにとって良いことをするという考えのもと、
検索エンジンを使うユーザーの「意図」を推測して、ユーザーを満足させるコンテンツを作るとよさそうです。

コンテンツ制作の際の Tips としては、試しに自分が上位表示させたいワードで検索してみて、
「実際に上位表示されているコンテンツがどんなものかをマインドマップにまとめてみる」などして分析するとよいです。

検索結果から相手の関心の対象を考え抜いて、「相手が求めるものはコレだ!」といった確度の高い仮説を立てましょう。

他にはないオリジナリティを追求しよう

「Unique Selling Proposition」、すなわち USP を意識しましょう。
検索上位上位のコンテンツを参考にしつつも、他のコンテンツにはない自分ならではの違いを出しましょう。

情報過多は「選択のパラドックス」を招く...!

ここではコンテンツ制作の注意点として、「選択のパラドックス」を紹介しておきます。
「選択のパラドックス」とは、本来、選択肢が多いほど人は満足度が高まるものと考えがちですが、
「選択肢が多すぎると却って何かを選べなくなってしまい、満足度が高まらない」という説のことです。

参考のため心理学者バリー・シュワルツの ted トークを紹介しておきます。

http://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_the_p…