投稿

12月, 2015の投稿を表示しています

Design Week Kyoto に行ってきたメモ。

Design Week Kyoto(DWK)では、国内外の様々な人と人とがモノづくり・コトづくりの現場のオープンを通じて繋がり合い、新たなイノベーションのきっかけとなる場づくりを目指しています。

事例としてドイツ・フランスのデザイナーとコラボレーションすることを通じて、京都に根付いてきた技術・素材が新たな可能性を切り拓いた事例を中心にトークセッションを行ないます。

日時:2015年12月13日(日)14:00-17:00
会場:京都リサーチパーク町家スタジオ

13:30 開場、受付開始
(第一部)
14:00-14:10 オープニングトーク 北林 功(COS KYOTO)
14:10-14:45 基調対談:西堀 耕太郎氏(TCI研究所)
方 健太郎 氏(EXA Partners)
       -欧州における日本のモノづくりの可能性-
14:45-14:55 (休憩)
14:55-15:30 京都のモノづくりと外国のデザイナーによるコラボレーション事例のご紹介
15:30-16:30 パネルディスカッション
  -外国とのコラボレーションが拓く文化産業の可能性-
16:30-16:45 Design Week Kyotoについての説明
      -コラボレーションの可能性を広げる場について-
(第二部)
17:00-19:00 交流会 (事前申込要、1500円)

----------------------------------------------
「Design Week Kyotoゐゑ」
http://www.designweek-kyoto.com/ja



(パネラー)
西堀 耕太郎 氏 / 伝統工芸「京和傘」日吉屋 五代目当主
「伝統は革新の連続である」を企業理念に掲げ、伝統的和傘の継承のみならず、和傘の技術、構造を活かした新商品を積極的に開拓中。グローバル・老舗ベンチャー企業を目指す。
国内外のデザイナー、アーティスト、建築家達とのコラボレーション商品の開発にも取り組んでおり、2008年より海外展示会に積極的に参加、Maison &Objet(Paris)、Ambiente、Tendence、Light+Building(Frunkfurt)、ICFF(N.Y.)等に出展。和風照明「古都里-KOTORI-」シリーズを中心に海外輸出を始める。現在15カ国に展開中。
2012年、日吉屋で培った…