アフィリエイトリンクを短縮して Twitter API でつぶやく

Amazon の商品価格を取得してみた では、最安値の取得までできた。
今回は、在庫切れした商品が入荷されたタイミングを取得してツイートしてみます。
やることはカンタンで、取得した現在の価格が定価になっているかをチェックして、
定価近辺に戻ってたらツイートするだけ。

Twitter API の利用

コード貼っておく。
get_sentense() では適当なツイート文字列を返す想定で書いてます。

def tweet():
    tweet = get_sentense()
    print("tweet: {0}".format(tweet))
    twitter = OAuth1Session(TWITTER_CONSUMER_KEY,
                            TWITTER_CONSUMER_SECRET,
                            TWITTER_ACCESS_TOKEN,
                            TWITTER_ACCESS_TOKEN_SECRET)
    url = "https://api.twitter.com/1.1/statuses/update.json"
    params = {"status" : tweet}
    response = twitter.post(url, params = params)
    assert response.status_code == 200, "Tweet Failed. status_code = {0}".format(response.status_code)

URL 短縮 API の利用

ツイート文にアフィリエイトリンクを仕込みたいとき、短縮 URL 変換する必要がある。
bitly API がカンタンにつかえて便利なのでこれで短縮して tweet 文章を生成する。
参考にしたのは以下のページです。
bitly APIの使い方
リクエストに token いれて post するだけです。

まとめ

在庫復活したらツイートする機能の実装を行いました。
まとめると実装したのは以下の感じ。

* Amazon Product Advertising API で価格情報取得する
* 定価になっていたら Twitter API を使ってツイート
* アフィリエイトリンク仕込みたいときは bitly API で URL 短縮してツイート文生成する。

コメント

このブログの人気の投稿

Callback関数を知らん人がまず理解すべきことのまとめ。

構文エラー : ';' が '型' の前にありません

C言語でBluetoothスタックを叩きたい人のBluetooth開発入門その1