2014年5月24日土曜日

データビジュアライゼーションのためのd3.js最速入門




D3.jsとはなにか?


 D3 = Data Driven Document
 データビジュアライゼーション向けJavascriptライブラリ
 公式サイト: http://d3js.org/
 必要な知識: html, css, javascript, SVG
 できること:
   データのグラフ化
   ヒートマップ
   デンドログラム
   地形図
   (参考) 数字で見るFacebookのIPO
  



導入方法


1. ライブラリのリンクをして、
    <script src="http://d3js.org/d3.v3.min.js" charset="utf-8"></script>

2. 要素を指定(select selectAll)して、値の設定や取得をするだけ

    // text, attr, style, append, remove
    var p = d3.select("body").selectAll("p");
    // method chain
    p.text("Hello from d3!")
        .style("font-size", "28px")
        .style("font-weight", "bold");
    // brief description
    p.text("Hello from d3!")
        .style({
            "font-size" : "28px",
            "font-weight": "bold"
        });

学習メモ

詳しくはdotinstallを参照。
勉強用のソースコードをgithubにもおいておく。
 https://github.com/ks6088ts/d3.js

0 件のコメント:

コメントを投稿