2012年9月23日日曜日

Developers Summit 2012 Kansaiにいったときのまとめ


名称Developers Summit 2012 Kansai (通称:デブサミ関西)
会期2012年9月14日(金)
会場神戸国際会議場 5F(兵庫・神戸) アクセス5Fレイアウト
主催株式会社 翔泳社
お勧めする方技術者、ソフトウェア開発者、システム開発者、ネットワーク管理・運用者、IT教育担当者、 ITマーケティング・セールス担当者、IT関連部署マネージャ、プロジェクト関連マネージャ
参加費無料


完全にミーハー精神で及川さんの話を聞きに行きました!
以下それのまとめ。


Google及川さん:

■chromeのプロジェクトに学ぶAgileでScaleするソフトウェア開発  // 及川卓也 @Google

- クラウド時代のソフトウェア開発

大規模ソフトウェア開発
 大規模ソフトウェアって?
  -> みどりの窓口,発電所,社会インフラを支えるシステム
 
  ウォーターフォールモデル
  plan design implementation stabilization release


- 大人数開発で必要になってくることが工程管理(ガントチャート)

 大規模なものを小さい単位に分ける
  Googleではチームが小さい(5人程度)
  不必要なドキュメントの生成やコミュニケーションを減らすため.
  できるだけ少人数にして権限を移譲する
  小さいチームではテーマを共有することが大切

 Branch管理,
 Test: Priorityが低いものについては修正するか否かをしっかり検討する
 Release: 回収はありえない

- クラウド
 クラウドにおいてはデバイス側のソフトウェア更新が要らない
 低いデプロイメントコスト
 Release後も,ダウンしないかどうかが懸念事項
 ユーザーのトラフィックに対応できるか

- クラウドの開発サイクル
 Launch & Iterate : 何回も反復する.はじめから完璧を求めない
 完成度が許容出来るレベルのものを作成し,
 反応を見て改良を加えることで完成度を高めていく
 仮説と実証を繰り返していく
 VersionLess: 利用者はバージョンを意識することがない
 リニアな形で進化を遂げていく

- Chromeのプロジェクトの歴史
 ブラウザは情報の受発信.静的な情報のやり取り html
 chrometimemachine
 バージョンアップという概念を無くしたい

- オープンソースプロジェクトの紹介サイト
 ohloh
 ChromeのS:Simplicity, Security
 Reviewerにレビューしてもらわない限りコミットされない
 chromium-dev@googlegroups.com  
 irc.freenode.net/#chromium
 chromium.org -> for developer

- 徹底した自動化
 Buildbot: Continuous Build
  Test: Patchをsubmitする人がtest作成も行う
 TryServer: パッチをすべてのプラットフォームでBuildし,
       それをパスしてからレビュー

- オープンソースプロジェクト
 徹底した自動化+優良な市民



■ 関西から世界に通用するスマートフォンサービスの開発 // 川端雄補 @Cyber Agent

- スマートフォンサービスの開発
  http://goo.gl/nnShl
  JS: node.js
  DB: MySQL, NoSQリ HTML5 -> 速度が必要な部分はnative.

  流通を考えるとマーケットに載せるのは大切
  開発サポート:Jenkins,Redmine,新しめの部分はsubversion,Githubのエンタープライズ版

  アクセスログ解析: Hadoop, GoogleAnalytics

  9/29 ソーシャルゲーム勉強会

- スキルセットの最新化
  その時々で求められる価値を学び続ける


「実はユーザ評価下がってる!スマフォアプリ開発の罠」 ~組込みの観点からの解決方法、省電力、UIX~ // 杉本礼彦@ブリリアントサービス

- NFC Lab Farm Box
 NFC QUEST: ブースでカード配布して参加者が魔王を倒すゲーム.3人でないと倒せない
 街コン: NFC街コンツクール
 変わった商店街:六角橋
 ARO android -> AT&T univ

 都心部の基地局は繋がらない
  → アプリが頻繁に制御信号を送信している
  → 制御信号送信回数を減らす
  → 消費電力が下がり,アプリの評価が下がらない