2016年1月21日木曜日

TravisCI で Github のリポジトリを自動テストに通す

簡単な yaml ファイル書くだけで自動で CI が回る、そんな時代。
https://docs.travis-ci.com/user/languages/python

TravisCI とのインタフェース

.travis.yml をリポジトリルートに置く。
python のコードをテストしたかったけど、いろいろテスト環境作るために依存モジュールのインストールスクリプトを書く必要がある。

依存モジュールの吐き出し
Python テスト環境の切り出しのために依存しているモジュールのピックアップが必要だったので以下のコードで環境を吐き出す。
$ pip freeze -l > requirements.txt

吐き出したモジュール群は
$ pip install -r requirements.txt
でインストールできる。これを .travis.yml の install: に書けば OK

Github のリポジトリにバッジつける
TravisCI のページに行って、バッジクリックすると Markdown のコードが取得できる。
これをREADME.md に追記すればOK.

0 件のコメント:

コメントを投稿