2012年4月26日木曜日

メーカーで働くということ


社会人になって3週間が過ぎようとしている.
某メーカーに就職した俺が今思うことを述べる.


1.成長の遅さ

企業文化に馴染ませるためか,研修を長々やっている.
会社に馴染むという意味では成功しているが,客観的に見て成長しているかは実感が無い.
若いうちは目に見えるスキルを身につけたいが,全くそんなことはやっていない.
自分で食っていけるエンジニアの階段は確実に登れていない.


2.大企業であるということ

たくさんいる社員の中の一人になろうとしている.
会社が凄いから付き合ってくれる人はいっぱいいそうだが,自分自身は何も凄くない.
自称優秀な肩書きで就職した大企業.
福利厚生も手厚く収入面では何の苦労も無いだろうが,将来の自分の市場価値には自信がない.


GREE田中社長の言葉を思い出す.
「これから成長する市場で,会社とともに成長することが幸せである」


自分で学ぶ姿勢が必要だと最近は強く思う.