2017年6月18日日曜日

注目すべき世界の写真家



今、注目すべき写真家

最近カメラにめっちゃハマりました。
一眼レフの設定や、撮影技法のうんちくは少しづつですが理解していっています。
せっかくカメラにハマったことだし、世界の有名な写真家ってどんな人がいるのだろうと疑問になったので調査してみて、
個人的に気になった写真家をまとめておきます。
偉大な人たちの真似をしつつ、どんどんカメラにのめり込んでいきますよー。

Cole Rise

カルフォルニア在住の写真家
壮大な風景や、時が止まったような不思議な写真が魅力です。
彼のinstagram アカウントはこちら。
https://www.instagram.com/colerise/
公式サイトの「WORK・BLOG」では、インスタグラムに掲載されていない写真も見ることができます。
http://www.colerise.com/

Erik Johansson

Erik Johansson は1985年、スウェーデンに生まれ。
エリックは純粋なカメラマンとは少し違い、写真を組み合わせて加工し、現実ではありえない世界を生み出しています。
写真家というか、デジタルアーティストというのが適しています。
彼は Google、Adobe、Microsoftなどの世界的 IT 企業とのコラボ作品を多数発表しており、いま世界から最も注目を集めているアーティストです。
彼の公式サイト ERIK JOHANSSON PHOTO を見るだけでもすごく楽しい。
彼の youtube チャンネル Erik Johansson youtube channel では、こういった現実には不可能な写真の構想から制作までのメイキングムービーが公開されていて、見ているだけでもすごく楽しい。
最初のアイデアがあり、設計があり、撮影があり、Photoshop作業があり、を早回しで見ることができます。
また、Erik の TED トーク では、彼の作品に対する考えや、奇妙な光景に命を与えるために従っている原則について話しています。
最新の写真集「Imagine」では彼の鬼才っぷりが存分に発揮されています。
これは絶対買うべき!!


中井精也

鉄道写真家。日本鉄道写真家協会事務局長。
1967年東京都生まれ。撮り鉄界の大御所です。
Amazon レビュー高評価(かつレビュー数120件超!!)の「世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書」を出版。
私もこの本買って手取り足取り、知識ゼロから勉強させてもらいました。
一眼レフの f 値、シャッタースピード、ISO 感度などなど、超絶初歩からとってもわかりやすく解説されていてすごく参考になりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿