2015年10月5日月曜日

Canon EOS Kiss X7 、今が買いな理由。

この間、友人に自分がいいと思っている電化製品をお勧めする機会があった。

自分が心底いいと思っているものを友人とも共有して、その良さを共感してもらいたいという純粋な気持ちで、熱く語ってみた。

特にバックマージンは入ってこないけど、共感してほしい気持ちが強くてどうにかして買って欲しかった。
(マジでバックマージンが無いので、誰かが納得して買うことを期待してここで記事としてまとめることにする!)

私は営業マンではないし口下手な方だけど、自分が心底いいものと確信している電化製品については、その良さを熱く語れると勝手に思っている。

ちなみに今回激しくおすすめした製品は一眼レフ Canon EOS Kiss X7。
友人に買ってもらうというためにやったことは以下の3つ。



1.  どう役立つかを相手目線で具体的に伝える

相手は同い年で同じような経歴の人。
限りなく自分目線で話が通じる相手だったので、自分目線で感じたメリットを伝えた。
我々アラサーの男が一眼レフを欲しくなる理由は、、、

ライフイベントを綺麗に残したい!
  - 結婚式向けの動画(プロフィールムービー等) 素材の作成
  - 新婚旅行の思い出を綺麗に残したい
  - 子供の写真を綺麗に (ry

純粋な趣味として!
  - 背景がぼやけてる写真なんかプロっぽい(F値をいじります)
  - 瞬間を捉えたり、わざとブレさせたり(シャッタースピードいじります)
  - いい写真を SNS でうpしてドヤ顔してるやつ多数


2.  払う金額以上の価値があることに納得してもらうこと

人にものを買わせるには、価格がリーズナブルであることが必要条件。
なぜリーズナブルなのかを説明する必要がある。
また、1つめの理由は一眼レフ全てに当てはまることだけど、なぜ Canon EOS Kiss X7 なのか。

これらに対する回答はこれだっっっっ!!!

☆ 世界最小最軽量という謳い文句
一眼レフは大抵でかい。ミラーが入ってるから。
でもこの機種は普通の一眼レフと一線を画する小ささと軽さ。
一眼レフ始めた人って、大抵カメラを持ち歩くのがダルくてやめちゃうと思うんです。
(昔でかいカメラ買って使わなかった私がいうのだから間違いない。)

☆ 一眼のくせに鬼のように安い
発売当初は9万とかしたのに、今や5万とかだよ。
これには理由があって、既に Canon氏は後継機を発売しちゃってるので、旧型の EOS Kiss X7 の在庫は早くはけて欲しいんでござる。
なぜ今なのか?それは在庫がなくなっちゃうからだよ!!




☆ 最大手のCanonだから絶大な信頼
ほかの白物家電メーカーと違ってCanon氏はこれ一筋だからね。
選択と集中という経営戦略。集中して頑張っとるCanon氏には絶大なパワーが (ry


3. 最後にダメ押し

ユーザー当人の経験に基づく、写真ショーを開催。
更に youtube にうpしてる自作のハネムーン動画を見せてこの良さに納得いただくわけです。


番外編

最近ではカメラ転売なるものも存在していて、買った電化製品は状態が良ければ中古で売れるんです。
「飽きたな~」とか、「次の製品ほしいな~」なんて思ったら、売っちゃえばいいんです。
人気のある一般ウケする機種なら中古でも買い手はつくので、
賢く買えば、買う価格よりも実質出費は少なくて済むんです。

0 件のコメント:

コメントを投稿