2014年6月17日火曜日

無料で手軽に音声信号処理のお勉強をする方法

MATLABが無いと信号処理できないゆとり世代の私にとって朗報。
Pythonでも音声信号処理のライブラリが充実してることを知った。

その名も、pyaudio。
そのままな名前ですがwaveファイル開いて簡単に信号処理したりとかできちゃいそうです。

信号処理って基本は高度な数学を使うし、FFTとかしようと思ったらライブラリ入れる必要もあるしで、ものすごい学習コストが有りました。
大昔( 5~6年前? )にはSpectrum subtruction法による音声雑音除去のプログラム実装する課題が研究室で出されてカナリ苦労したことを思い出します。。
前提としては、人間のしゃべり声とガウス性雑音が載った音声ファイルから、
雑音を消すといったもので、単純にFFT掛けて雑音のパワー分差っ引くというだけです。

鬼のように学習コストが下がっていきますね。
忌み嫌われがちな信号処理が和解に向かって進んでいる!いい傾向!

良い学習リソースがあったのでリンク貼っておく。
 Pythonで音声信号処理

0 件のコメント:

コメントを投稿