2014年7月23日水曜日

Raspberry PiからFacebook APIを叩いてみるの巻


Raspberry PiからFacebook APIを叩くサンプルコードを実装してみました。
OAuth2 認証処理とかもついでに勉強しつつ。


コマンドラインベースで、HTTP Request飛ばして、クライアントをリダイレクトさせつつ右往左往させる処理がOAuth2認証。
参考になったリンクは以下のものです。


PythonでのOAuth2認証に際しては requests-oauthlib がよしなにやってくれます。
Facebook APIを叩くためのOAuth認証では、 client_idclient_secret というものを入力として、
access_tokenを取得する処理が必要になります。

access_token が取得できれば後はAPIを叩くだけです。
API叩くにあたってはpythonのfacebook-sdkを使えばHTTPリクエストを生成する際の面倒な処理がスキップできるので楽。
URLを入力としてjsonが帰ってくるイメージ。

返ってきたjsonはjsonモジュールでパースしてあげて適当に捌けばよろし。
mongodbでデータベースに打ち込むとかもあっさりできるでしょう、なにせpython神なんで。

掲載したソースコードはRaspberry Pi(≒ Ubuntu)で動作検証済のものです。
システム側で幾つかモジュールをインストールする必要があるので、
それはコメント欄を参照下さい。

0 件のコメント:

コメントを投稿